furuoka blog

ARTICLE PAGE

【ハイキング】箕面川ダム〜エキスポ'90みのお記念の森【箕面】(2013.05.05)

【ハイキング】箕面川ダム〜エキスポ'90みのお記念の森【箕面】

箕面川ダム〜エキスポ'90みのお記念の森をハイキングしてきました。このあたりは、「明治の森箕面国定公園」で、「箕面川ダム」は「箕面大滝」の上流にあり、「エキスポ'90みのお記念の森」は、そこから直線距離にして約1km離れたところにあります。平面の地図上では大した距離ではありませんがそこはお山。往復となると結構ハードなハイキングでした。


「百年橋」から「自然研究路2号線」へ「百年橋」から「自然研究路2号線」へ

午前9時ごろ、「箕面大滝」の近くにある「市営大日駐車場」にクルマを停めて、「百年橋」から「自然研究路2号線」に入ります。すると、いきなり急な上りの階段です。ハイキングコースは狭くなり、やがて尾根伝いに上るようなカンジになります。これ登るの? と、早くも不安の声が漏れます。


「自然研究路2号線」の石段

苔むした砂防ダムを越えると、長い石段が現れます。整備されているとはいえ、この急な上り坂では、鎖に掴まらないと転げ落ちてしまいそうです。手袋は必須ですね。


「自然研究路2号線」と「おおさか環状自然歩道」との合流地点

高度を上げて行くと、木立の向こうに尾根が見えました。この先は「おおさか環状自然歩道」との合流地点です。


「自然研究路2号線」の美しい尾根

午前9時30分ごろ、尾根に出ました。まるで絵に描いたような尾根です。「日本の尾根百選」みたいなものがあれば、間違いなく選ばれるであろう美しい尾根です。この尾根が「おおさか環状自然歩道」との合流地点で、我々はここで左に折れ、「みのお記念の森」方面、「箕面川ダム」を目指します。


「おおさか環状自然歩道」をどんどん下って行く「長谷橋」から「箕面川ダム」が見えた

「長谷橋」から「箕面川ダム」が見えた

「おおさか環状自然歩道」をどんどん下って行くと、15分ほどで箕面川にかかる「長谷橋」へ出ます。「箕面川ダム」が見えました。「箕面川ダム」は、石を積み上げてつくられたロックフィルダムで、ダム湖は「ゆうゆうレイク」と命名されています。消費者金融のブランドみたいな名前(笑)。


「長谷橋」から、ダム湖の北岸へ回ります

「長谷橋」から、ダム湖の北岸へ回ります。ここは自動車が走れるような平坦な林道です。車止めがされているので、入ったらダメなんじゃないかと心配でしたが、どうやら歩行者は大丈夫なようです。


ダム湖の北岸の林道はグリーンが美しいい芝生の道ダム湖全体を見下ろすようなダイナミックなところはありません

ダム湖の北岸の林道は、グリーンが美しいい芝生の道です。牧歌的な柵やところどころにベンチがあって、なかなかの景勝地です。しかし、ダム湖全体を見下ろすような、ダイナミックなところはありません。


「清水谷園地」に到着

午前11時ごろ、府道4号線沿いにある「清水谷園地」に到着。ここでお弁当を食べることにしました。


「自然研究路6号線」に咲いていた花「自然研究路6号線」の途中に大きな洞穴がありました

午前11時45分ごろ、「自然研究路6号線」に入り「エキスポ'90みのお記念の森」を目指します。ここからは上りが続くので、バテないように何度も休憩を挟みました。途中に大きな洞穴がありました。クマが出るぞーッ!


「自然研究路6号線」のハーフパイプのような谷

「自然研究路6号線」を上って行くと「鉢伏山(604m)」の尾根に出ます。その手前にハーフパイプのような谷が広がっていました。


今日は「こどもの日」なので柏餅を食べました「エキスポ'90みのお記念の森」で休憩

午後1時ごろ、「エキスポ'90みのお記念の森」に到着しました。「自然研究路6号線」はキツかったです。疲れた時は甘いものに限りますね。今日は「こどもの日」なので柏餅を食べました。


ニューバランス NB MT610GT 4E/R(レッド/8.5)

「ニューバランス NB MT610GT 4E/R(レッド/8.5)」8,517円(amazon.co.jp)。優れた防水透湿性能を発揮する素材「GORE-TEX」を採用したトレッキングシューズ。クッション性がバツグンに良くて疲れにくい。ローカットなので普段使いもできます。色もデザインも超お気に入りの逸品です。


2箇所ある出入り口には、施錠ができる扉があります

「エキスポ'90みのお記念の森」は、1990年4月、「国際花と緑の博覧会」の開催を記念して整備された森林公園です。山頂の一角は、鹿や猪などの動物から植物を保護するためのフェンスが囲われていて、2箇所ある出入り口には、施錠ができる扉があります。「展望塔」へは、この扉を利用します。


「エキスポ'90みのお記念の森」の「展望塔」

「エキスポ'90みのお記念の森」の「展望塔」展望は360度見渡せ遠く六甲山の山並みまで見えます

「エキスポ'90みのお記念の森」の「展望塔」は、すべてが木で作られた櫓のようなタワーです。いちばん高いところに登ると、ゆらゆらと揺れているのがわかります。展望は360度見渡せ、大阪市内はもちろん、遠く六甲山の山並みまで見えます。


「エキスポ'90みのお記念の森」の「展望塔」「エキスポ'90みのお記念の森」の「展望塔」

「展望塔」のいちばん高いところへは、垂直に掛かったハシゴで登ります。これがけっこうスカスカで、足元が見えにくいので下りが怖い。中高年の方はムリかな? 長男は一人で登れたけど、降りるのはダメでした。レスキュー隊のように身体を保護しながら降りました(笑)。


往路は「自然研究路7号線」を入って「長谷橋」に戻る

午後2時50分ごろ、「エキスポ'90みのお記念の森」から「自然研究路7号線」を入って、往路で通った「長谷橋」に戻りました。


「自然研究路7号線」「自然研究路3号線」

「長谷橋」から車道の「市道箕面五月山線」を通り、「箕面川ダム」の堤上路西から「自然研究路3号線」に入って、「政の茶屋園地(箕面ビジターセンター)」まで行きました。復路は下りばかりなので一気に下りたカンジですが、最後のビジターセンターの屋根が見えた頃には、もうヒザがガクガクでした。「箕面ビジターセンター」に到着したのは午後4時ごろでした。


20130505k-01.png

「箕面ビジターセンター」から「府道43号線(箕面ドライブウェイ)」を通って、「箕面大滝」でゴールです。午前9時に出発して、戻ってきたのは午後5時ごろ。それにしても「自然研究路6号線」は怖かったですね。家族3人遭難するかと思った(笑)。

関連記事
箕面の滝(箕面大滝)

関連記事