furuoka blog

ARTICLE PAGE

【USJ】昨年の3倍!史上最大級のゾンビが出没!【ハロウィーン・ホラー・ナイト】(2013.09.30)

【USJ】昨年の3倍!史上最大級のゾンビが出没!【ハロウィーン・ホラー・ナイト】

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」へ行ってきました。昨年よりパワーアップした「ハロウィーン・ホラー・ナイト」。危険すぎる凶悪なゾンビから、悲鳴を上げて全力疾走で逃げる女子高生。こっちの方が怖くて危険かも(笑)。


JRゆめ咲線のUSJラッピング車両にハリー・ポッターJRゆめ咲線のUSJラッピング車両にハリー・ポッター

JRゆめ咲線のUSJラッピング車両にハリー・ポッター。「2014年ハリー・ポッターのテーマパーク誕生」と書かれていますが、正式のアナウンスでは、2014年7月15日オープン予定です。楽しみですね。今日は運動会の代休の月曜日。しかし、大好評の「ハロウィーン・ホラー・ナイト」ということもあって混雑を警戒し、USJの最寄駅、JRゆめ咲線「ユニバーサル・シティ駅」よりひとつ手前、「安治川口駅」の前にある「タイムス安治川口」にクルマを停めました。なので、JRは一駅だけの乗車です。24時間最大1,200円。


エルモの魔女帽子にスヌーピーの棺桶型ポップコーンバケツ

USJには昨年の12月以来です。ずいぶんご無沙汰でしたね。というか、「ハロウィーン・ホラー・ナイト」が待ち遠しくって、それ以外の期間は来ないようなカンジになってます。金曜日、土曜日、日曜日、月曜日だけの開催ですから、まんまと代休にハマりました。でも、年中ハロウィーンというワケにもいかないので、やはり、ハリー・ポッターがどのような起爆剤になるかが気がかりです。


「ユニバーサル・ワンダーランド」注射器に入った鮮やかな緑色の解毒剤

「ユニバーサル・ワンダーランド」

午前10時ごろ到着しましたが、「ハロウィーン・ホラー・ナイト」は午後6時からなので、「ジョーズ」とお昼の「パレード」をメインに、それまではのんびり過ごしました。「解毒剤」600円。ゾンビの感染から逃れる解毒剤入りの注射器は、後味が爽やかなメロン風味のゼリー。注射器の先からチューッと吸い込みます。


「ハロウィーン・ホラー・ナイト」「ハロウィーン・ホラー・ナイト」

午後6時、いよいよ「ハロウィーン・ホラー・ナイト」の開始です。一般客に紛れて何気なく背後に近付いてくるゾンビ。パークの約90%を占拠、約1kmもの大行列をなすゾンビの数は昨年の3倍!というだけあって、どこを見てもゾンビ、ゾンビ、ゾンビです。逃げる女性がいきなりぶつかってくるので、服に口紅が付いてしまいました(笑)。


でかい3m級のクリーチャー(変異ゾンビ)

でかい3m級のクリーチャー(変異ゾンビ)です。頭とか胴体とか細胞分裂して、あらぬ方向に飛び出してます。どうなってんの? でも、コイツは動きが鈍いので、あっという間に一般客に取り囲まれて、逆に困っているように見えました(笑)。


「ハロウィーン・ホラー・ナイト」「ハロウィーン・ホラー・ナイト」

パーク内のBGMが「スリラー」に変わると、ゾンビたちによるダンスパフォーマンスが始まります。それまで徘徊していたゾンビたちが突然踊り出す演出は面白いですね。ダンスパフォーマンスが終わると、また凶悪なゾンビに戻ります。


ベビーカーの親子ゾンビ

ベビーカーの親子ゾンビです。ベビーカーから突然飛び出してくる赤ん坊ゾンビは、逃げ惑う人々を執拗に追いかけまわします。赤ん坊は小柄な人が演じているので、その意外性がハンパなし。倍速で走りまわる恐怖。あたりは絶叫の渦でした。


「ハロウィーン・ホラー・ナイト」「ハロウィーン・ホラー・ナイト」

「ハロウィーン・ホラー・ナイト」

パーク内のあちこちに「ゾンビゾーン」が設けられていて、ゾンビと特殊部隊の戦闘が繰り広げられるエリアや、捕らえられたゾンビが吊るされているところもありました。「ハロウィーン・ホラー・ナイト」は午後9時まで。時間内で広いパーク内を全部まわることはできませんでしたが、その濃い内容にUSJの本気を感じました。ホンマ楽しかったです。

関連記事
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

関連記事